【口臭が気になる方必見】口臭の原因と対策方法3選

2月 17, 2022 投稿者: dari 0
Pocket

皆さんも、自分の口臭や話している相手の口臭がすごく気になる事ってありますよね。
例えば友達や、家族、職場の人たちとの食事をしますよね。その時にもし自分の息が臭いって思わていたら凄く傷つきますよね。(笑)
口臭は清潔感にもすごく繋がりますので、この記事を読んで口臭の原因とケアを学んでいってください!

 

生理的口臭が原因
生理的口臭とは、動物としての生理現象としての臭いです。人間も動物ですから、この生理的口臭というものがあります。例えば、朝起きた時などにお口の中が乾燥して喉が渇いていますよね。
その時、お口の中には細菌が繁殖しています。
寝る前に歯を磨いて細菌の数を減らしたとしても、寝ている間に細菌がどんどん繁殖して、その細菌たちはガスを出します。
そのため、普通は朝起きると口臭がしています。これは生理的口臭であり、当たり前のことなのです。

飲食物や嗜好品が原因
アルコール、ニンニク、タバコ等のにおいが残るタイプです。こちらは、一時的なもので時間の経過とともに次第に治まっていきます。また、歯磨きや口臭ケアグッズの使用で軽減できます。

 

病的口臭
病気が原因で発生する口臭のことです。大きく分けると口腔内のトラブルに由来するケース、全身の病気が原因となるケースがあります。いずれも、病気の症状として発生している口臭のため、改善のためには根本原因である病気を治療する必要があります。

 

それでは本題です。

 

口臭を解消する3

1. 水をこまめに飲む

どのくらい飲めばいいの?
こまめにと言っても大量の水を飲むわけではありません。
目安としては、20~30分おきに約コップ一杯分のみずを飲むのが効果的とされています。(1時間当たり400ml)これを行うことで口腔内が潤い、汚れが停滞しにくくなるからです。
また、虫歯や歯周病予防にも繋がると言われています。

 

2.舌をブラッシングする

朝に行いましょう
舌磨きは一日一回が目安です。
何度も舌をこすってしまうと粘膜を傷付けてしまうこともあるので気を付けましょう。特に朝は舌苔の付着量が多いので、舌磨きは朝に行うのがお勧めです。
行い方としては、「奥から手前」に動かします。ブラシを手前から動かしたり、前後にゴシゴシ動かすのは控えましょう。
またこれまで舌磨きをする習慣がなかった場合は、舌苔が厚くたまっている可能性がありますので、一回で落とそうとせず毎日の習慣で落とすことを心がけましょう。

3.オリーブオイルでうがいをする

エクストラヴァージンオイルがおすすめ
オリーブオイルは口腔内の汚れを落ちやすくする効果があるとされています。
ですが普通のオリーブオイルではなく、エクストラヴァージンオイル(不純物が入っていないもの)を使用しましょう。
行い方としては、歯磨きをして口腔内が綺麗になった状態でエクストラヴァージンオイルを大さじ一杯ほど口に含み、うがいを30秒程度するだけで大丈夫です。
これを行うことで歯がコーティングされ、細菌の繁殖を抑えてくれます。